内職・在宅ワークランキング

はたらきねっと NEW
SSL
ジョブメイトNEW

在宅支援サイトの紹介
シール貼りの内職とは
シール貼りの悪徳チェック
安全な内職手作業の探し方
ネット内職
在宅支援サイトへ無料資料請求
下記4社の資料請求は完全無料です
ネット内職の攻略法
内職の講座
ライブチャットレディという内職
スポンサードサーチ


サブメニュー
お勧めリンク
資料請求があるか?-悪徳会社の確認

ネットで在宅ワークや手作業内職の募集を検索すると、内職斡旋業者で「資料請求をしてください」というのを目にすることがあります。

内職の内容は一切書いていないので、興味のある人は資料請求してしまうかもしれません。


これから内職商法の手口を、実際に被害にあった実例とともにお話します。

資料請求すると、まず電話がかかってきます。そこでやる気があるかどうか確認するのかもしれません。在宅ワーカーとして働いてもらうのに、「サーバー管理費が毎月2万×3年間必要です。でも月6〜7万の収入になるので大丈夫」と言われたそうです。


それから資料が届きます。業者の説明で「初期費用として最初に498,750円必要です」と言われます。月2万とはこの分割費用だったそうです。「トレーニング」をして「スキルチェック」に合格すればお仕事開始です。どうも「スキルチェック」はとても難しくてなかなか合格できないようです。

そのほか次々に入力テストがあり、なかなか仕事が紹介してもらえない日々が続きます。


だんだん不安になりネットで調べたら、悪徳業者の一覧に載っていたそうです。

しかしお仕事の紹介は実際にはあったらしのですが、最初の月6〜7万なんていうのは程遠い、わずかな収入だったそうです。これが資料請求の結末です。


資料請求しないのが一番ですが、もししてしまったら、すぐに返事をせず、よく会社のことを調べ、信用を確かめるようにしましょう。

もし騙されてしまったら、「消費生活センター」などに相談してみましょう。

内職支援サイトワークランキング



Copyrightc 2008 hand-oshigoto.com